28年度の畜産物関税割当実績、豪州の牛くず肉等は消化率94%

 農水省が取りまとめた、各国とのEPAに基づく平成28年度の畜産物の関税割当実績(表参照、食肉速報に掲載)によると、メキシコは、牛肉が年間枠数量1万5千tに対し、発給数量は8,135tで、消化率は54%となった。一方、豚肉は枠9万tに対し、発給数量は7万8,490tで、消化率は87%。チリは、冷凍牛肉の枠4千tに対し、発給数量は10t(消化率0%)、豚肉の枠6万tに対し、発給数量は2万7,351t(46%)、鶏肉は枠5,500tに対し、発給数量は31t(1%)。タイは、豚肉調製品が枠1,200tに対し、発給数量は1,196t(100%)となった。フィリピンは鶏肉の枠7千tに対し、発給数量は1,506t(22%)、ソーセージ、豚肉調製品の発給実績はなかった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする