BRF社問題、日本向け不正ないが、念のため輸入検査強化—厚労省


 厚労省は9日、「ブラジルでの食肉の不正事件について(Q&A)」を一部改定した。ブラジル現地で5日、ブラジルフーズ(BRF)社の関連施設が食肉検査データ改ざんの疑いで捜査を受けた問題について、同国政府に事実確認を行った結果を踏まえ対応を示したもの。同省によると、同国政府から、日本向け輸出の製品については不正がなかったことを確認。このため今回の問題で輸入手続きの保留や販売見合わせなどの措置は取らない。ただし、念のための措置として問題となった3施設については、輸入時にサルモネラ属菌などの検査を実施し、輸入時検査を強化する。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み