29年度食料自給率、カロリー前年同、生産額2ポイント減少


 農水省は9日、平成29年度の食料自給率を公表した。平成29年度はカロリーベース食料自給率が前年度と同じ38%、生産額ベース食料自給率が前年比2ポイント減の65%となった。国内生産量は牛・鶏肉が増加となったものの、豚肉が減少となった。
 平成29年度のカロリーベース食料自給率は平成28年に天候不順で減少した小麦、てんさいの生産が回復した一方で、食料消費全体に占める米の割合が減少したことや、畜産物の需要増に対応し、国産品が増加したものの、輸入品がより増加したことなどにより、38%となった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み