平成27年栄養調査、肉類摂取量は男性、女性ともに前年上回る

 厚労省は14日、平成27年国民健康・栄養調査結果を発表した。調査結果によると、肉類の1日あたり摂取量平均値は、男性が前年比1.4%増の106.3g、女性が2.9%増の77.4g、男性と女性を合わせた平均の総数は2.1%増の91.0gとそれぞれ増加した。なお結果の集計は、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所が行い、3,507世帯から回答を得た。
 とくに前年増で推移した世代は、15〜19歳で男性17.3%増、女性が15.7%増で推移。20〜29歳、70歳以上も前年増となった。逆にとくに前年減となった世代は7〜14歳で男性が9.8%減、女性が8.2%減だった。1〜6歳、50〜59歳も前年を下回った。総論としては、男性と女性で摂取傾向の差はほとんどみられず、世代間での摂取量の差があるといえる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み