第1回畜産部会、大野部長「来週末にも価格決定できるよう議論」

 農水省は7日、都内で食料・農業・農村政策審議会平成28年度第1回畜産部会を開催した。
 冒頭、農水省の大野高志畜産部長は4月の熊本地震、先般の青森、新潟の鳥インフルエンザなど畜産の災害の多い年だったとことしを振り返り、畜産物価格の議論にあたって「畜産物価格は軒並み強い国産志向に支えられて、かなり好調な相場展開をしていると考えている。子牛の不足払い制度、マルキンなどの経営安定対策に加えて、畜産クラスターと体質強化対策を総合的に展開して、わが国の酪農・畜産の生産基盤の強化につなげていきたい」と述べ、来週末にも価格決定できるよう畜産部会委員の活発な議論を要請した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み