食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

27年度生産費は素畜費かさみ、肥育牛、育成牛が増加

 農水省は9日、平成27年度肉用牛生産費を公表した。これによると、平成27年度の肉用牛1頭あたり資本利子・地代全額算入生産費(全算入生産費)は、子牛が59万340円で前年度に比べ0・9%減少したほかは素畜費が増加し、軒並み増加となった
 具体的には去勢若齢肥育牛が107万751円で8・0%増、乳用雄育成牛が16万6920円で6・1%増、乳用雄肥育牛が46万7265円で1・7%増、交雑種育成牛が29万1994円で2・5%増、交雑種肥育牛が75万2089円で5・9%増だった。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top