食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

和牛マスター輸出拡大コンソーシアムが動物福祉に関し研修会

 和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場)の輸出事業関係者からなる和牛マスター輸出拡大コンソーシアム(会長=池田政隆・姫路畜産荷受(株)社長)は16日「牛肉の輸出拡大およびアニマルウェルフェア等にかかわる研修会」を同センター特設会場で開催した。コンソーシアム構成員や生産者ら関係者およそ80人が出席。エスフーズ(株)品質保証室の川久通隆執行役員を進行役に、農林水産省畜産局食肉鶏卵課の伴光課長補佐が「牛肉輸出拡大と課題解決に向けた対応」として講演を行った。講演内容は(1)牛肉輸出の状況(2)輸出促進法の改正、輸出拡大実行戦略(3)牛肉輸出促進の課題(4)オールジャパンの取り組みとコンソーシアムの取り組み(5)その他——-。
 開催にあたり池田会長は「当センターは年々、と畜頭数を増やしている。また輸出についても順調に推移している。しかしながら、欧米への輸出には動物福祉対策、血斑低減対策が非常に重要な課題となっている。この課題克服なくして輸出の増大はできない。本日の伴先生のご指導により、課題克服につなげていきたい」と述べた。
 元衆議院議員の西川公也氏が駆けつけ「畜産は大事な産業。しかしいまは飼料代が高く、相場も安定しない。良いものをつくっていただき、農家が繁栄し、それを取り扱う関連業界が良くなり、日本の畜産・牛肉はどこにも負けない産業であることをさらに皆さんで発展させていただきたい」とあいさつ。また衆議院議員の池畑浩太朗氏が「しっかりと皆さんの力になっていけるよう取り組んでいく」とした。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top