食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

南港市場整備計画、竣工時期を令和4年度末から5年度末に変更

 大阪市中央卸売市場南港市場は29日、現在進めている南港市場の施設整備について、大動物(牛)棟および小動物(豚)棟の竣工時期を当初予定の令和4年度末から令和5年度末に変更すると発表した。
 南港市場は現在「南港市場将来戦略プラン」に基づき、衛生管理水準の高い「米国向け輸出食肉処理施設認定」を目ざして施設整備を進めている。南港市場によると現在、大動物棟は基礎工事を、小動物棟は地上く体工事を実施しているが、米国向け認定の申請に向けた国との事前協議において、商品管理と廃棄物の動線にかかる課題などに対する国からの助言を受け、平面レイアウトの変更および一部増築等が必要になったとしている。
 このため竣工時期を当初予定の令和4年度末から令和5年度末に変更すると発表。13日付で計画変更に伴う建築確認申請を行っており、建築確認の審査終了後に工事金額等の再精算を行い、ことし12月ごろまでに工事の変更契約を締結する予定としている。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top