食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[牛・豚・鶏肉需給予測]9月生産量、牛・豚減だが鶏は増

 農畜産業振興機構は25日、8月および9月の牛・豚・鶏肉の需給予測を発表した。牛肉は、8月は1日当たりの出荷頭数が前年同月を下回るものの、枝肉重量の増加により生産量は2万5,600t(前年同月比0.3%減)と前年同月並み。9月は出荷頭数およびと畜稼働日数が下回ることから、生産量は2万6,200t(0.6%減)とわずかに下回ると予測している。和牛は飼養頭数が回復傾向にあることも影響し、8月はわずかに上回り、9月は前年同月並みと見込む。交雑種は酪農家での乳用後継牛への黒毛和種交配率の上昇で増加が見込まれる一方、乳用種は減少が継続する見込み。輸入量は8月が4万7,400t(22.5%増)、9月が4万6,900t(10.8%増)の予測。冷蔵品は豪州産の減少が見込まれる一方、米国産は増加が見込まれ、両月ともに大幅に上回ると予測。冷凍品は両月いずれも前年同月を上回るが、過去5年平均を下回る水準。出回り量は、8月は大幅に、9月はかなり大きく上回る。期末在庫は、8月はかなり大きく、9月は大幅に下回ると予測している。

◆行政・統計

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

酪肉近と家畜改良増殖目標が適当と答申—畜産部会

 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会が3月31日、コロナ影響により、書面を通して開催され、酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針と家畜改良増殖目標、鶏の改良増殖目標について適当と答申した。 酪肉近で令和12年度牛肉の生産数量目標...
More

◆トレンド

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

延期のご案内「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」

お世話になります。 食肉通信社主催の「第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020」は、新型コロナウイルスのまん延に伴い、開催を延期させていただきます。 詳細につきましては下記、株式会社ティ・エス・ディ(旅行会社)担当者・坂元氏からのご案内を確...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムがレンジ対応「シャウエッセン」を2品発売

日本ハムがレンジ対応「シャウエッセン」を2品発売

 日本ハムは1日、レンジ調理対応トレーの「シャウエッセン クラシック(トレイ入り)」と「シャウエッセン 焙煎ホットチリ(トレイ入り)」を発売した。トレータイプの新商品は通常フレーバーと、昨年好評だったホットチリタイプをさらにリニューアルした...
More
Return Top