食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

トッパンフォームズ

年鑑

常陸牛振興協会が3月に大型キャンペーン実施、消費拡大目ざす


 茨城県常陸牛振興協会(茨城県、JA全農茨城、県畜産協会、県畜連、県家畜商組合、県食肉事業協同組合、県食肉公社)は26日、「常陸牛の日」キャンペーン実施の記者会見を茨城県庁で開いた。
 同会見は茨城県知事をはじめ、常陸牛振興協会の構成員、常陸牛指定生産者らが出席。冒頭、川津修会長(全農茨城県本部長)は「常陸牛振興協会は昭和52年に設立され、直近では年間1万頭に迫る勢いでその道を歩んできた。今後一層、県内および全国の消費者への知名度を上げていくため、振興協会が設立された3月5日を『常陸牛の日』として登録、ことしで2年目を迎える。今後はあらゆる方法を使って普及に努め、『常陸牛の日』を含む3月を常陸牛周知強化月間とし、五つのキャンペーンを展開していく。一つは国会議事堂本館食堂、衆参議員会館食堂での常陸牛メニューの提供。常陸牛を使ったハンバーグ定食、カレー、牛丼などを販売し、少しでも話題にあげていただきたいと思う。二つ目は県庁生協食堂(県内5カ所)での常陸牛ハンバーグの限定販売。おおむね1,500食を提供していく。三つ目は首都圏で最大級の常陸牛取扱量を誇る精肉店「腰塚」(東京・文京区)でのキャンペーン。特別価格で常陸牛を販売するとともに、2千円以上購入で茨城県産野菜などをプレゼントする。四つ目は第45回を迎える常陸牛枝肉共励会の開催。東京食肉市場に80頭の常陸牛を上場するとともに、前夜祭では仲卸買参人50人にPRする。最後の五つ目では、SNSやHPを使って常陸牛が当たるキャンペーンを行い、需要をさらに喚起していく」とキャンペーンの概要を述べた。

◆行政・統計

15カ国との「RCEP協定」、食肉関係は輸入関税に変化なし

15カ国との「RCEP協定」、食肉関係は輸入関税に変化なし

 日本政府は15日、テレビ会議形式で行われた第4回RCEP首脳会議で「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定」に署名した。同協定は中国や韓国、豪州およびニュージーランドのほか、シンガポールやタイ、ベトナムなどのASEAN10カ国など計15カ...
More

◆トレンド

豚枝肉相場は底堅い展開、輸入物は船便の遅れでタイトに

豚枝肉相場は底堅い展開、輸入物は船便の遅れでタイトに

 11月も半ばとなり、例年であれば、出荷頭数が増加してくる10月以降は年末の需要期を前に一旦、相場は緩んでいく時期。しかし、ことしはコロナにより内食需要が底堅く推移していることから、現在も相場は500円超えの展開が続いている。東京食肉市場の...
More

◆国内外の団体

全肉連など「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを開始

全肉連など「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを開始

 全国食肉事業協同組合連合会、JA全農などは「11月29日はいい肉の日」キャンペーンを13日から29日まで実施している。毎年8月、11月、2月にキャンペーンを実施してきたこともあり「肉の日」が浸透。今回も国産食肉のおいしさなどをPRし、国産...
More

◆製品

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

大容量タイプの「The GRANDアルトバイエルン」発売

 伊藤ハムは、熟成が醸し出すコク、うまみが特長の「The GRANDアルトバイエルン」か ら、大容量タイプの「The GRAND アルトバイエルン 1,000g」を11月10日に発売した。 外食控えや節約志向の高まりにより、家庭で食事をする...
More
Return Top