食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

BRF社問題、日本向け不正ないが、念のため輸入検査強化—厚労省


 厚労省は9日、「ブラジルでの食肉の不正事件について(Q&A)」を一部改定した。ブラジル現地で5日、ブラジルフーズ(BRF)社の関連施設が食肉検査データ改ざんの疑いで捜査を受けた問題について、同国政府に事実確認を行った結果を踏まえ対応を示したもの。同省によると、同国政府から、日本向け輸出の製品については不正がなかったことを確認。このため今回の問題で輸入手続きの保留や販売見合わせなどの措置は取らない。ただし、念のための措置として問題となった3施設については、輸入時にサルモネラ属菌などの検査を実施し、輸入時検査を強化する。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top