食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

横浜市場ミートフェア、名誉賞は1万3千円の大台で中村畜産落札

 横浜食肉市場(株)は12日、同市場内で第31回横浜食肉市場ミートフェア(共励会)を開催した。
 ことしは交雑種35頭(去勢12頭、雌23頭)、和牛80頭(去勢63頭、雌17頭)の計115頭が上場され、「和牛の部」名誉賞には横浜第一肉牛出荷組合・千葉忠畜産(株)の出品牛(去勢、A5、枝肉重量=548kg、BMSNo.12)が輝き、キロ単価1万3千円という同共励会では近年稀にみる高値で㈱中村畜産が落札した。また、「交雑種の部」最優秀賞には肉経協・長崎光吉さんの出品牛(雌、B5、505kg、BMSNo.9)が選ばれ、キロ単価2,500円で(有)光暉食品が落札した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top