食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

「活力あるお肉屋さん」—全肉連が11店舗調査し成功事例集作成

 全国食肉事業協同組合連合会は、農畜産業振興機構の助成を受け、平成30年度食肉流通経営体質強化促進事業の中で、活力ある店舗づくりのための成功事例の収集および調査を実施。全国の食肉小売店の中から、専門店ならではの仕入れ・販売、品ぞろえや商品開発、新しい取り組みなどを推進する計11店舗への取材、専門家による調査を行い、その成果を調査報告書(成功事例集)「活力あるお肉屋さん—顧客満足度を高める店舗展開に向けて」として取りまとめた。調査した店舗は(1)肉のニッタ(福島県)(2)ショッピングセンター吉田(山形県)(3)ファインコストメッツゲライ カタヤマ(長野県)(4)肉のサンビーム(北海道)(5)美郷(山梨県)(6)佐藤肉店(長野県)(7)なか彦(愛知県)(8)杣本精肉店(奈良県)(9)ミートまつもと(島根県)(10)日露本店(香川県)(11)中津留本店(福岡県)。とくに(1)〜(3)の3店舗については、宮城学院女子大の安部新一教授、東京農大の野口敬夫准教授、宇都宮大の神代英昭准教授の3人の専門家がそれぞれ調査・分析を行い、食肉小売店の活性化、成功に向けたヒントを深掘りした。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top