食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

「活力あるお肉屋さん」—全肉連が11店舗調査し成功事例集作成

 全国食肉事業協同組合連合会は、農畜産業振興機構の助成を受け、平成30年度食肉流通経営体質強化促進事業の中で、活力ある店舗づくりのための成功事例の収集および調査を実施。全国の食肉小売店の中から、専門店ならではの仕入れ・販売、品ぞろえや商品開発、新しい取り組みなどを推進する計11店舗への取材、専門家による調査を行い、その成果を調査報告書(成功事例集)「活力あるお肉屋さん—顧客満足度を高める店舗展開に向けて」として取りまとめた。調査した店舗は(1)肉のニッタ(福島県)(2)ショッピングセンター吉田(山形県)(3)ファインコストメッツゲライ カタヤマ(長野県)(4)肉のサンビーム(北海道)(5)美郷(山梨県)(6)佐藤肉店(長野県)(7)なか彦(愛知県)(8)杣本精肉店(奈良県)(9)ミートまつもと(島根県)(10)日露本店(香川県)(11)中津留本店(福岡県)。とくに(1)〜(3)の3店舗については、宮城学院女子大の安部新一教授、東京農大の野口敬夫准教授、宇都宮大の神代英昭准教授の3人の専門家がそれぞれ調査・分析を行い、食肉小売店の活性化、成功に向けたヒントを深掘りした。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top