食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ジャンが発売40周年、さまざまな施策を予定—モランボン

ジャンが発売40周年、さまざまな施策を予定—モランボン

 モランボン(株)は15日、東京・府中市内の本社で「ジャン40周年 施策発表会」を開催した。
 冒頭、今月1日から社長に就任した全峰碩(ジョン ポンソ)新社長が登壇し「『ジャン 焼肉の生だれ』は私が生まれる1ヶ月前に発売し、ことしで40周年を迎えた。リニューアルでは焼き肉のタレに″鮮度”という新しい尺度を加えて生まれ変わらせ、消費者の皆様にしっかりと届けられればと思う」とあいさつするとともに、同社の今後の計画として(1)海外への商品展開を積極的に進めること(2)昨年稼働した津山工場の自動化製造ラインのように、既存の神奈川工場においてもさらに進んだ自動化ラインを構築していくこと(3)外食の新業態に進出予定であること(4)加工品製造の新技術にチャレンジしていくこと(5)食品スーパーのほか、ドラッグストアや外食店などの新チャネルへの投入も強化すること—を話した。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top