食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

牛個体識別総頭数383万頭弱、前年比0・5%減で前月比は減

 家畜改良センターがまとめた平成28年9月末現在、全国の牛個体識別記録によると382万9655頭(前年同月比0・5%減)の微減となり、前月比は4940頭の減少だった。まだ増減を繰り返しているが、減少幅は緩和されつつある。今回のデータでは交雑種肉牛は4%台の増加が続き、黒毛和種は微増した。9月末現在の肉用に飼養される肉用牛(ホル雌、ジャージー、乳用種を除く)は246万3156頭(前年245万9103頭)と前年比0・2%の微増となった。肉用牛品種別はホルスタイン種雄(去勢)が平成23年秋口から40万頭を下回り31万1744頭(5・5%減)で、雌は増殖が進まないのか前年比1・7%減。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top