食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

京都食肉市場枝肉共進会和牛の部開催、長野県の土屋畜産がGC

 京都食肉市場(株)は12日、京都市中央食肉市場で第21回京都食肉市場枝肉共進会和牛の部を開催した。全国各地から和牛100頭(雌46頭、去勢54頭)が出品され、審査の結果、グランドチャンピオン(京都市長賞)には長野県の土屋畜産(株)の出品牛(雌、格付A5、BMS No.12、枝肉重量462.7kg)が選ばれ、せりでは(株)銀閣寺大西がキロあたり4,008円で落札した。
 せりに先だちGCを受賞した土屋畜産が表彰されたあと、京都食肉市場の駒井栄太郎社長が生産者、買参者に謝辞を述べ「ことし2月にはタイへ初輸出を果たすことができた。今後も米国、EU、シンガポールへの輸出を目ざす。また、9月には京都市中央食肉市場が開設50周年、京都食肉買参事業協同組合および京都食肉市場が創立50周年を迎えたことを受け、記念式典を行ったが、これも皆さんのご支援の賜もの。今後の50年も引き続き安全・安心な食肉の供給に努めてまいりたい」とあいさつ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top