食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

京都食肉市場枝肉共進会和牛の部開催、長野県の土屋畜産がGC

 京都食肉市場(株)は12日、京都市中央食肉市場で第21回京都食肉市場枝肉共進会和牛の部を開催した。全国各地から和牛100頭(雌46頭、去勢54頭)が出品され、審査の結果、グランドチャンピオン(京都市長賞)には長野県の土屋畜産(株)の出品牛(雌、格付A5、BMS No.12、枝肉重量462.7kg)が選ばれ、せりでは(株)銀閣寺大西がキロあたり4,008円で落札した。
 せりに先だちGCを受賞した土屋畜産が表彰されたあと、京都食肉市場の駒井栄太郎社長が生産者、買参者に謝辞を述べ「ことし2月にはタイへ初輸出を果たすことができた。今後も米国、EU、シンガポールへの輸出を目ざす。また、9月には京都市中央食肉市場が開設50周年、京都食肉買参事業協同組合および京都食肉市場が創立50周年を迎えたことを受け、記念式典を行ったが、これも皆さんのご支援の賜もの。今後の50年も引き続き安全・安心な食肉の供給に努めてまいりたい」とあいさつ。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top