食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

京都食肉市場枝肉共進会和牛の部開催、長野県の土屋畜産がGC

 京都食肉市場(株)は12日、京都市中央食肉市場で第21回京都食肉市場枝肉共進会和牛の部を開催した。全国各地から和牛100頭(雌46頭、去勢54頭)が出品され、審査の結果、グランドチャンピオン(京都市長賞)には長野県の土屋畜産(株)の出品牛(雌、格付A5、BMS No.12、枝肉重量462.7kg)が選ばれ、せりでは(株)銀閣寺大西がキロあたり4,008円で落札した。
 せりに先だちGCを受賞した土屋畜産が表彰されたあと、京都食肉市場の駒井栄太郎社長が生産者、買参者に謝辞を述べ「ことし2月にはタイへ初輸出を果たすことができた。今後も米国、EU、シンガポールへの輸出を目ざす。また、9月には京都市中央食肉市場が開設50周年、京都食肉買参事業協同組合および京都食肉市場が創立50周年を迎えたことを受け、記念式典を行ったが、これも皆さんのご支援の賜もの。今後の50年も引き続き安全・安心な食肉の供給に努めてまいりたい」とあいさつ。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top