食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。

たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。

日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、いま話題の街と言えます。

メディア露出も増えてきたバスク地方を訪ねて、世界中から人が集まる理由を体感していただきます。

さらに、世界中のフーディが目ざす人気の薪焼きステーキ店「カサフリアン」 も訪れます。


日本ではまだ知られていない、でも、ヨーロッパで脚光をあびている 食肉卸売業者の「チョギチュ」も日本からは初の特別視察です。
食肉卸売業者ながら、肉を担いでイベントやレストランで、自ら焼いてサーブするという新しいスタイルとして人気者になり、やがて日本にもやって来ると思われます。


ピエール・オテイザさん牧場のアポを取りました!

「幻の純血種 バスク豚」と「生ハム工場」ピレネー山脈を駆け回る、可愛い バスク豚ちゃん 見学。



ぜひとも、サンセバスチャンバル巡り、お洒落な街並みフレンチバスク、 で
ご体験をしていただき、さらに、
お仲間作りがお仕事の拡大につながる研修旅行としていただきたくご案内申し上げます。 

経営とお肉と総菜に関わる業務の方へおススメです!

旅行期間 2020年6月7日(日) ~ 6月14日(日)(8日間)
旅行代金 579,000円(燃油サーチャージ、各地空港税は含みません)
お申込締切日 3月4日(水)(満席になり次第、締め切ります)

⇒詳細パンフレットはこちら

お問い合わせ

お電話:03ー3238ー9400

旅行企画実施=株式会社ティ・エス・ディ 担当:坂元(さかもと)

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top