食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。

たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。

日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、いま話題の街と言えます。

メディア露出も増えてきたバスク地方を訪ねて、世界中から人が集まる理由を体感していただきます。

さらに、世界中のフーディが目ざす人気の薪焼きステーキ店「カサフリアン」 も訪れます。


日本ではまだ知られていない、でも、ヨーロッパで脚光をあびている 食肉卸売業者の「チョギチュ」も日本からは初の特別視察です。
食肉卸売業者ながら、肉を担いでイベントやレストランで、自ら焼いてサーブするという新しいスタイルとして人気者になり、やがて日本にもやって来ると思われます。


ピエール・オテイザさん牧場のアポを取りました!

「幻の純血種 バスク豚」と「生ハム工場」ピレネー山脈を駆け回る、可愛い バスク豚ちゃん 見学。



ぜひとも、サンセバスチャンバル巡り、お洒落な街並みフレンチバスク、 で
ご体験をしていただき、さらに、
お仲間作りがお仕事の拡大につながる研修旅行としていただきたくご案内申し上げます。 

経営とお肉と総菜に関わる業務の方へおススメです!

旅行期間 2020年6月7日(日) ~ 6月14日(日)(8日間)
旅行代金 579,000円(燃油サーチャージ、各地空港税は含みません)
お申込締切日 3月4日(水)(満席になり次第、締め切ります)

⇒詳細パンフレットはこちら

お問い合わせ

お電話:03ー3238ー9400

旅行企画実施=株式会社ティ・エス・ディ 担当:坂元(さかもと)

◆行政・統計

7月豪雨被害状況、農林水産関係全体の被害は159億9千万円

7月豪雨被害状況、農林水産関係全体の被害は159億9千万円

 農水省の13日午後2時現在の7月豪雨に関する被害状況によると、農林水産関係全体の被害は159億9千万円となっている。 家畜は愛知、佐賀、熊本、大分、鹿児島で被害があり、すべての畜種あわせて10万5,143頭・羽、被害額は1.1億円にのぼっ...
More

◆トレンド

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

 新型コロナウイルス感染症に伴い、インバウンド需要が減少、また外出自粛による外食店利用の減少などを受けて、牛枝肉相場が暴落した。これを受けて、和牛肉の余剰在庫の保管・販売経費の助成として「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」を農畜産業振興機構が...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top