食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

4月の和牛相場は前年比約30%の下落—東京市場牛枝肉月間加重平均

 東京食肉市場が公表した4月の牛枝肉相場月間加重平均によると、和牛去勢5等級が前月比289円安の2,053円、4等級が154円安の1,703円、3等級が148円安の1,518円となり、和牛雌5等級は279円安の2,333円、4等級が201円安の1,740円、3等級が168円安の1,488円だった。前年同月比でみると各等級ともに30%ほどの下落となっており、昨年を大きく下回った。
 和牛去勢の月ごとの推移(資料面、食肉速報に掲載)をみると、2月からの下落が顕著。新型コロナウイルスの発生が世界的に拡大したことで輸出の停滞はもちろん、国内の需要が低迷し3月に平均相場はガクッと下がり、国内における緊急事態宣言が発令された4月にはさらに下落したことがみてとれる。

◆行政・統計

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

豚熱対策は飼養衛生管理と早期通報の徹底が重要—野上農相

 野上浩太郎農水大臣は、20日の閣議後会見で、豚熱発生の要因や対策などについて問われ「まずは、まん延防止の観点から迅速かつ適切な防疫措置に向け、現在栃木県と連携を密にして、国の職員らのリエゾン(連絡員)や防疫作業員としての派遣、資機材の供給...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top