食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

牛マルキン3月、交雑種と乳用種で交付、標準的販売価格をブロック別に

 農畜産業振興機構は14日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)3月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価を公表した。3月確定値から算定方法を見直し、標準的販売価格の算定が県別だったものをブロック別とし、これにより肉専用種(2以上の都道府県の区域、旧事業での名称で地域算定県に取り組んでいない県)の公表がなくなった。なお、標準的生産費の算定はこれまでどおり、県別となる。ブロック分けは北海道、東北、関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄。
 3月は交雑種と乳用種が交付となり、交付金単価(確定値)は交雑種が11万6,715・6円/頭、乳用種が5万4,562・5円/頭となった。

◆行政・統計

More

◆トレンド

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆国内外の団体

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

横浜市場北海道F、和牛最優秀賞はロピアが単価4820円で落札

 横浜食肉市場第1回北海道フェア(共進会)が19日、同市場で開かれた。初の北海道フェアは新しい共進会を企画することで横浜市場の魅力を対外的に伝えることを目的とし、今後も九州などの共進会も視野に入れて、さらに市場のPRを図っていく。和牛と交雑...
More

◆製品

More
Return Top