食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豚肉SGは特別緊急関税制度(SSG)とTPP11など3協定に

 新年度からセーフガードはTPP11、日欧EPA、日米貿易協定のそれぞれ三つとなり、豚肉関係について、3協定とも豚肉と豚肉調製品について年度でのトリガー算定となる。以前から存在した生きている豚および豚肉等に関する特別緊急関税制度(SSG)は延長となっており、従来と変わらず、3協定同様に年度でのトリガー計算となる。
 4月の数量をみると、SSGは協定対象外の輸入数量が1,665tとなっており、輸入基準数量の7,351tを上回ることは確実だが、協定対象外だけ超過してもSGは発動とはならないため、豚肉等の数量を注視していく必要がある。4月の豚肉等は基準数量月平均を超える10万tとなっており、新型コロナの影響で見通しづらい状況だが、過度な輸入は禁物だ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top