食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

豚肉等5月通関量・税関公表、豚肉等は8万611t

 税関がこのほど公表した5月の輸入数量によると、豚肉等(SSG)は8万611tでトリガー数量との差分は81万1,695tとなっており、10万を超えた4月から落ち着いた数量となった。5月は新型コロナの影響を受けて、全体的に減少している。
 TPP11関係の5月の豚肉はカナダが1万8,826tで、トリガー数量との差分は23万2,865t、メキシコは9,979tで、差分が10万288t。TPP11関係の豚肉調製品は各国とも1tにも満たない数量となっている。
 日欧EPA関係の豚肉は2万5,331tで、トリガー数量との差分は32万4,702t。豚肉調整品は312tで、差分が4,332tとなっている。
 日米貿易協定関係の5月の豚肉は2万2,027tで、トリガー数量との差分は25万6,202t。豚肉調整品は34tで、差分が1,898tと前月と比べて伸び悩んだ。

◆行政・統計

More

◆トレンド

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

国産鶏肉需要減だが高値圏維持、輸入物は現地強気続く

 ゴールデンウイークを前に、新型コロナウイルス感染拡大に伴い3度目の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、飲食店の休業などの動きが強まり、ことしの連休も観光や行楽需要は見込めない。末端消費は巣ごもり消費を余儀なくされ、量販店向け主体の国産鶏肉の...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top