食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

東京市場令和元年年報、牛頭数減だが金額微増、シェア栃木1位

 東京都中央卸売市場は、令和元年の年報・畜産物編をまとめた。それによると、同年中の東京都中央卸売市場食肉市場における畜産物の取扱状況は、頭数は約32万8千頭で前年に比べ1.6%減、重量は7万7千tで1.8%減、金額は1,342億円で0.1%増となった。畜種別にみると、牛は頭数12万9千頭(2.1%減)、重量6万1千t(2.0%減)、金額1261億7千万円(0.2%増)。豚は19万9千頭(1.2%減)、1万6千t(1.3%減)、78億8千万円(1.3%減)となった。
 牛については、44都道府県から入荷があり、ほぼ全国から集荷された。入荷シェア(重量順)の順位をみると、1位は栃木県で前年の2位から再びトップとなり、2位は千葉県で前年の3位から上昇し、3位は北海道で前年1位からダウン。このほか、4位茨城県、5位福島県、6位岩手県、7位宮城県となっており、この7道県で70%を占めた。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

国産純粋種豚改良協議会、認定銘柄豚ロゴマークを決定

 国産純粋種豚改良協議会はこのほど、同協議会認定銘柄豚ロゴマークのデザインを発表した。この認定は純粋種豚の能力向上と普及促進のため、同協議会会員が日本において改良を行い、血統を明確に管理した種豚を使って生産された豚肉に与えられるもの。 昨年...
More

◆製品

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

フリーデン、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンはこのほど、主なハム・ソーセージの「賞味期限延長」を実現した。同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを積極的に推進している。中でも「食品ロス削減」の課題に...
More
Return Top