食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京市場令和元年年報、牛頭数減だが金額微増、シェア栃木1位

 東京都中央卸売市場は、令和元年の年報・畜産物編をまとめた。それによると、同年中の東京都中央卸売市場食肉市場における畜産物の取扱状況は、頭数は約32万8千頭で前年に比べ1.6%減、重量は7万7千tで1.8%減、金額は1,342億円で0.1%増となった。畜種別にみると、牛は頭数12万9千頭(2.1%減)、重量6万1千t(2.0%減)、金額1261億7千万円(0.2%増)。豚は19万9千頭(1.2%減)、1万6千t(1.3%減)、78億8千万円(1.3%減)となった。
 牛については、44都道府県から入荷があり、ほぼ全国から集荷された。入荷シェア(重量順)の順位をみると、1位は栃木県で前年の2位から再びトップとなり、2位は千葉県で前年の3位から上昇し、3位は北海道で前年1位からダウン。このほか、4位茨城県、5位福島県、6位岩手県、7位宮城県となっており、この7道県で70%を占めた。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top