食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

6月牛肉輸出は447tで前年比3割増、単価5,470円

 財務省貿易統計による6月国産牛肉輸出量は44万6,505kg(前年同月比31.0%増)と前年同月を大幅に上回った。前月比では90.7%増。新型コロナウイルスの影響からの回復傾向がうかがえる。輸出先国は合計22カ国・地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計14万8,115kg。次いで香港、台湾、フィリピンと続く。表記以外(食肉速報に掲載)のその他国はベトナム、タジキスタン、マレーシアなど。6月分輸出額は24億4,260万円(6.5%増)となり、輸出単価は5,470円。輸出内訳は冷蔵15万4,208kg(3.2%減)となっており、冷凍29万2,297kg(61.0%増)。金額ベースは冷蔵が19 .3%減、冷凍が29.9%増。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top