食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

JA全農新会長に菅野幸雄氏、昨年度輸出はコロナで和牛失速

 JA全農は第44回通常総代会を7月29日、大阪で開き、令和元年度事業報告などの提出全議案を原案どおり承認した。役員改選では、新会長に菅野幸雄氏(愛媛県、写真)を選出。総代会終了後の記者説明会で、菅野新会長は就任のあいさつを行い、組合員・地域JAにとってなくてはならない全農になることや、夢がもてる農業、次代にバトンが渡せる農業への転換、経営基盤の確立などにとくに力を入れて取り組んでいくと抱負を述べた。昨年度は経営概況として、青果物および畜産物相場の低下や燃料価格の低迷などにより、取扱高実績は4兆4768億円、計画比96%となった。このうち畜産事業は1兆364億円で計画比97%となっている。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表

 日本ハムは1日、商品規格変更および価格改定を発表。2022年10月1日から一部商品の規格変更および納品価格改定を実施する。 同社はことし2月1日から、ハム・ソーセージや加工食品など家庭向け商品、業務用商品、冷凍食品の一部において商品規格変...
More
Return Top