食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

カナダポークをメインテーマ食材に「親と子のクッキング大賞」開催

 カナダポーク(野村昇司日本マーケティングディレクター)はこのほど、大阪市阿倍野区の辻ウェルネスクッキング・近鉄あべのハルカス校で開催された、2020年・第28回「親と子のクッキング大賞」に実行委員会パートナーとして参加。ことしもカナダポークはメインのテーマ食材となっており、決勝進出の両チームが日ごろのチームワークでカナダポークをどのような形でおいしく調理するかをジャッジするため、野村ディレクターも例年どおり審査委員として出席した。
 ことしは新型コロナウィルスの影響で同イベントの開催も危ぶまれたが、会場である辻ウェルネスクッキングスクール阿倍野ハルカス校の限られたスペースでソーシャルディスタンスを確保するため、例年は決勝4チームで競われていたところを今回は厳しい書類審査で2チームに縮小。司会、各審査委員も間隔を開けており、競技者との密を避けるためのさまざまな工夫と規則が設けられた中での開催となった。

◆行政・統計

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

5月牛肉輸出は508tで前年比9.2%減、最大輸出先は香港

 財務省貿易統計によると、5月の国産牛肉輸出量は50万8,278kg(前年同月比9.2%減)と、前年同月を下回った。前月比でも2.9%減少。 輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみると香港が最も多く、11万1,640kg。次いで台湾、米国...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top