食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京市場全共、名誉賞は単価1万2,201円で丸富商店が購買

 東京食肉市場で年に1度の一大イベントである令和2年度全国肉用牛枝肉共励会が10月27〜30日にかけて開催され、出品された500頭のうち厳正なる審査の結果、名誉賞には島根県の(株)松永牧場が出品した黒毛和種去勢牛(父「百合白清2」、母の父「安福久」、枝肉重量=539kg、A5、BMS No.12)が輝き、キロ単価1万2,201円で(株)丸富商店が購買した。同社の今井英樹専務(写真)は「生産者の方が一生懸命に育てた素晴らしい牛を買うことができた」と落札の喜びを語り、名誉賞枝肉については「どの箇所も素晴らしく、全体的に非常に質の高い枝肉だった」と評価した。同社では名誉賞牛を外食産業中心に提供していくといい、「こうした時期だけど、良い枝肉を買って末端に提供することで、生産者も消費者もみんなが良い思いをしてくれればうれしい」と話した。
 第1部(乳用去勢牛および交雑牛)は最優秀賞に北海道の太田充英さんの出品牛(枝肉重量=666kg、A5、BMS No. 11)が選ばれ、キロ単価2,912円で(株)ミートナイトウが購買。第2部(和牛去勢)の名誉賞に次ぐ最優秀賞は、宮城県の佐藤昭彦さんの出品牛(602kg、A5、BMS No. 12)が受賞し、キロ単価1万6円で名誉賞と同様に(株)丸富商店が落札した。また、第3部(和牛雌)の最優秀は滋賀県の(株)まる亀こうし牧場の出品牛(541kg、A5、BMS No. 12)が選ばれ、キロ単価5,646円で山平畜産(株)が購買した(続きは食肉速報に掲載)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top