食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

[牛・豚・鶏肉需給予測]12月生産量、牛鶏は増加、豚肉は減少

 農畜産業振興機構は26日、11、12月の牛豚鶏肉需給予測を発表した。
 それによると、牛肉の生産量は11月が3万1,600t(前年同期比5.2%減)、12月が3万2,600t(7.5%増)と予測し、12月は前年実績を上回る予測をたてている。品種別出荷頭数をみると、11月は和牛が6.0%減で、交雑牛が7.1%減、乳用種が4.3%減。12月は和牛が11.6%増、交雑種が2.0%増、乳用種が前年同月並み。引き続き和牛の増頭傾向がうかがえる。輸入数量は、11月が4万6,400t(1.9%減)、12月が4万7千t(11.5%減)と引き続き減少。内訳をみても11月の冷蔵品が4.1%減、冷凍品が0.1%増としており、12月は冷蔵品が2.9%減、冷凍品が11.3%減と予測している。 冷蔵品の減少は、外食などの需要減や豪州産の干ばつ後の牛群再構築による生産量減少に伴う現地価格の高騰、新型コロナウイルス感染症の影響による北米工場の作業効率の低下、北米からの入船遅れの発生などによるものとしている。出回り量については、11月が6.9%減、12月が4.6%減としており、期末在庫は11月が3.8%増、12月が4.6%増とみている。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top