食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

銘柄牛肉ハンドブック2021

377銘柄を掲載! 仕入担当者必掲の書!

食肉通信社は、隔年の発行で好評をいただいている「銘柄牛肉ハンドブック」の2021年度版を発刊しました。本書は、全国377銘柄牛肉の情報を1冊にまとめ分かりやすく紹介し、食肉業界のみならず、昨今の食肉ブームを受けて各種マスコミなど多方面から好評を博す1冊となっています。


本書で紹介される銘柄牛肉の情報は生産からと畜、流通に至るまで多岐にわたり、商品政策の見直しやメニューの改訂など、新規牛肉アイテムの発掘の参考資料として、各分野の仕入担当者に必携の書といえるでしょう。


前回の19年度版から銘柄掲載数も増加し、21年度版では377の銘柄情報を掲載。また銘柄牛肉を取り扱う企業・団体の紹介記事も合わせて掲載し、より複合的に銘柄の紹介を行っています。
主な掲載内容は銘柄の管理主体、規格内容、主なと畜場から取扱企業、飼料の内容、輸出実績まで多彩なものとなっています。
体裁はB5判、232ページ(一部カラー)。定価1100千円(消費税込み、送料別)。巻末には便利な銘柄牛肉の50音順の検索(インデックス)付きです。

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

家畜改良事業団が「福之鶴」を選抜、平均BMS 9.8は歴代最高

 一般(社)家畜改良事業団はこのほど、30現検後期新規選抜牛の決定に伴い、説明会を開催した。今回選抜された3頭の概要は次のとおり。 [福之鶴(ふくのつる)]BMSの平均が9.8と歴代1位の成績。G育種価においても父「福之姫」をはるかに超える...
More

◆製品

More
Return Top