食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

中原新潟市長が宮内副大臣に食肉センター補助制度の創設等要請

 中原八一新潟市長は7日、令和4年度「国の施策、予算に対する提案・要望」を宮内秀樹農林水産副大臣に提出した。農水省に「食肉センターの機能維持に対する支援」などを要請したもので、市長は「県内の安全・安心な食肉の安定供給のため、食肉センター機能維持に対する新たな補助制度の創設」を求めた。これを受け副大臣は「中・長期的に輸出なども見据えながら、環境対応など、さまざまな付加価値を考えてもらい、補助メニューと合うことで協議し、取り組んでほしい」と述べた上で、食肉センターの重要性も含め、今後も前向きに検討することを示した。
 新潟市食肉センターは、県内の総と畜頭数のおよそ半数を取り扱う同県の基幹的と畜場として位置付けられている。しかし、稼働29年目を迎え、多くの設備・機械が耐用年数を超過し、早急に修繕・改善が必要な設備が増加している。このような状況の中、県や県内と畜場関係者などと、中・長期的な機能・施設の再編等を含めた県内と畜場のあり方について検討を進めているが、この間、同市の食肉センターが老朽化などにより稼働停止となった場合、豚肉購入量全国1位である同市を支える食肉関連産業への打撃が予想されるとともに、県内の畜産振興と食肉の安定供給に多大な影響を及ぼす懸念がある。とくに、冷凍冷蔵庫に必要なフロンガスの製造が終了しているため、抜本的な改修が必要となっている。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top