横浜市場ミートフェア、名誉賞は日本精肉店が1万2,053円で落札




 横浜食肉市場(株)は16日、市場内で第33回横浜食肉市場ミートフェア(共励会)を盛大に開催した。春の開催がコロナの影響により今月に延期となった今回のフェアには、交雑種36頭(去勢14頭、雌22頭)、和牛134頭(去勢91頭、雌43頭)の計170頭が上場され、「和牛の部」名誉賞は㈱ノベルズ肥育センターの出品牛(去勢、A5、枝肉重量=652kg、BMS No.12)が輝き、キロあたり1万2,053円で(株)日本精肉店がせり落とした。コロナの不安を吹き飛ばす高値での落札となった。
 また、「交雑種の部」最優秀賞には千葉しおさい牛出荷組合(有)しおさいファームの出品牛(雌、A5、516kg、BMS NO.9)が選ばれ、キロあたり3,001円で(株)門屋食肉商事が購買した。

※当ページに掲載している記事はいずれも日刊「食肉速報」からの抜粋です。詳細は本紙でお読みいただけます。 >>「食肉速報」を今すぐ申し込む



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次