食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京市場令和2年年報、牛頭数増だが金額減、シェアは栃木が1位

 東京都中央卸売市場は令和2年の年報.畜産物編をまとめた。それによると、同年中の東京都中央卸売市場食肉市場における畜産物の取扱状況は、頭数が約33万2千頭で前年に比べ1.4%増、重量は7万8千tで1.7%増、金額は1242億円で7.5%減となった。畜種別にみると、牛は頭数が12万9千頭(0.6%増)、重量が6万1千t(1.4%増)、金額が1153億8千万円(8.6%減)。豚は20万3千頭(1.8%増)、1万7千t(2.6%増)、86億6千万円(10.0%増)となった。
 牛は、ほぼ全国の44都道府県から入荷があった。入荷シェア(重量順)の順位をみると、1位は栃木県で前年に続きトップとなり、2位の千葉県、3位の北海道、4位の茨城県、5位の福島県も前年同様。このほか、6位が宮城県で前年7位から上昇し、7位が岩手県で前年6位から順位を下げた。この7道県で入荷の69%を占めている。

◆行政・統計

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

パレット標準化に向け、中間取りまとめ公表—農水省

 農水省は27日、「官民物流標準化懇談会 パレット標準化推進分科会」の中間取りまとめを公表した。 わが国の重要な社会インフラというべき物流は、現在、労働力不足をはじめ多くの課題に直面している。令和3年6月に閣議決定した総合物流施策大網(20...
More

◆トレンド

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

7〜9月期配合飼料供給価格、1万1,400円値上げ—JA全農

 JA全農は22日、令和4年7〜9月期の配合飼料供給価格について、飼料情勢・外国為替情勢などを踏まえ、4〜6月期に対し、全国全畜種総平均1tあたり1万1,400円値上げすることを決定した。なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 飼...
More

◆国内外の団体

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

全肉生連が総会開催、衛生管理にかかわる情報・知識の普及へ

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長=写真)は28日、東京都千代田区の都市センターホテルで令和4年度第1回理事会および第63回通常総会を対面形式で3年ぶりに開き、3年度事業報告や4年度事業計画などの提出議案を原案どおりに承認した。...
More

◆製品

More
Return Top