食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

東京市場令和2年年報、牛頭数増だが金額減、シェアは栃木が1位

 東京都中央卸売市場は令和2年の年報.畜産物編をまとめた。それによると、同年中の東京都中央卸売市場食肉市場における畜産物の取扱状況は、頭数が約33万2千頭で前年に比べ1.4%増、重量は7万8千tで1.7%増、金額は1242億円で7.5%減となった。畜種別にみると、牛は頭数が12万9千頭(0.6%増)、重量が6万1千t(1.4%増)、金額が1153億8千万円(8.6%減)。豚は20万3千頭(1.8%増)、1万7千t(2.6%増)、86億6千万円(10.0%増)となった。
 牛は、ほぼ全国の44都道府県から入荷があった。入荷シェア(重量順)の順位をみると、1位は栃木県で前年に続きトップとなり、2位の千葉県、3位の北海道、4位の茨城県、5位の福島県も前年同様。このほか、6位が宮城県で前年7位から上昇し、7位が岩手県で前年6位から順位を下げた。この7道県で入荷の69%を占めている。

◆行政・統計

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

令和2年農業総産出額8兆9千億円、豚肉価格上昇などで0.4%増

 農水省はこのほど、令和2年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。これによると、農業総産出額は近年、米、野菜、肉用牛などにおける需要に応じた生産の取り組みが進められてきたこと等を主な要因として増加傾向で推移してきた。令和2年は肉...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

日本ハムが「プロジェクトA」のオンライン出前授業を実施

 食物アレルギー配慮商品をもつ食品メーカー(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、 ハウス食品)は、「食物アレルギーの有無にかかわらず、みんなで食事をおいしく楽しめる社会の実現」に貢献することを活動理念とし、食物アレルギー配慮商品...
More
Return Top