食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

農林水産物・食品輸出促進分科会開催、渡邉輸出・国際局長出席

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は7日、「ジェトロ運営審議会 農林水産物・食品輸出促進分科会」をリアル参加とオンライン併用で開催した。同会議は、ことし5月に取りまとめられた「農林水産物・食品の輸出拡大実行戦略フォローアップ」を踏まえ、農林水産・食品分野の輸出重点品目の関連団体の代表を交えた意見交換を目的としたもので、出席団体から共有された主な課題や要望事項など、また、それに対するジェトロ/JFOODO(日本食品プロモーションセンター)の取り組みや対応方針が示された。来賓として、農水省から渡邉陽一局長らが出席したほか、輸出重点品目の関連団体として、畜産関係では日本畜産物輸出促進協議会が参加した。
 冒頭、ジェトロの佐々木伸彦理事長は「農林水産物・食品の輸出に関する政府目標には、わが国の農林水産物・食品がもつ『強み』を最大限に発揮しつつ、マーケットインの発想に基づく輸出の取り組みを一層、具体化させることが必要。重点品目の関連団体の意見などをきき、ジェトロ/JFOODOが行う事業や取り組みに適切に反映することが必要であると強く認識している」と語り、JFOODOについては新体制のもと、関連団体とも連携して、日本のブランド構築に向けたプロモーション活動を継続していくとした。続いて、渡邉局長は来賓として「輸出拡大実行戦略フォローアップに定められた事項を着実に実行に移すことで、輸出の関係団体の取り組みを中心として、官民一体となった取り組みが今後加速されることを期待する」と述べた。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top