食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食肉産業展が開幕、幕張メッセで3月11日まで

 「第46回食肉産業展2022」が8日、昨年に続き「FOODEX JAPAN」との同時開催で開幕した。11日までの4日間、千葉県の「幕張メッセ」を会場に52社211小間が出展する。所管官庁、千葉県、幕張メッセの規定に準じて、適切な感染症対策を講じて開催される。開催時間は午前10時から午後5時まで(最終日は午後4時30分まで)。食肉産業展ホームページhttps://www.shokuniku-sangyoten.jp/)から事前来場登録を行うことで、当日入場も可能となっている。食肉業界の8団体と事務局㈱食肉通信社で構成される食肉産業展実行委員会(関川和孝委員長)が主催。アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN」との同時開催で、世界各地の食の最新情報を取りそろえた総合見本市となっている。
 食肉産業展は、食肉にこだわり続ける生産・加工・流通・小売・食の関係者がそれぞれの分野で磨き上げた究極の技術、食品を披露し、情報発信することで食肉産業の総合的な進歩、発展を図り、日本の食肉産業の振興および国民の食生活の向上に寄与してきた。ことしのテーマは 「これからの食ビジネスがここにある」で、食肉産業における技術の粋を集めた最新・最先端の機械・製品・情報が一堂に会する。また、毎回好評の人気イベント「食肉情報セミナー」(写真)は5講演を予定しており、国内外の情勢を知る絶好の機会となっている。「FOODEX JAPAN」と同時開催することで、国内最大級の食肉加工機械・業務用食品・食材・機器、容器、世界の食品、飲料がそろう総合見本市となっている。
 食肉産業展の主催は食肉産業展実行委員会。構成団体は日本食肉生産技術開発センター、日本食肉消費総合センター、日本食肉協議会、畜産環境整備機構、全国食肉事業協同組合連合会、日本食肉加工協会、日本ハム・ソーセージ工業協同組合、日本食肉流通センター、食肉通信社(運営事務局)。後援は農林水産省、厚生労働省、農畜産業振興機構、日本食肉市場卸売協会、日本食肉協会、全国食肉生活衛生同業組合連合会、全国食肉業務用卸協同組合連合会、日本畜産副産物協会、日本ハンバーグ・ハンバーガー協会、日本食鳥協会、全国食鳥肉販売業生活衛生同業組合連合会。
 なお、開会式典および人気イベントとして定着した「銘柄食肉好感度コンテスト」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から次回に延期される。開催概要は「食肉産業展」のホームページでも知ることができる。URL=https://www.shokuniku-sangyoten.jp/

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top