食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

流通センターが研修会、小野氏がコロナ下の食肉を解説

 日本食肉流通センターは3日、センター内で令和3年度第2回研修会を開き、コロナ下の食肉について最新情報を提供した。
 冒頭、小林裕幸理事長はセンターの新部分肉流通施設G棟について「予定では3月いっぱいで完成し、4月1日から引っ越しが始まり、5月1日から正式に開業する。冷蔵庫の温度は急に下がらないため、3月の初めからは冷蔵庫の温度を少しずつ下げていく冷やし込みの作業をしている。事務棟も4月の下旬から5月にかけて新棟の3階に引っ越す。おおむね順調に進んでいる」と状況を説明した。
 講演に移り、センター情報部の小野雄平課長代理(写真)が「コロナ下の食肉をめぐる状況について」を演題に講演。解説によると、新型コロナにより食肉を取り巻く環境は一変し、和牛チルド「4」(肉質等級が4の枝肉からつくられた和牛部分肉)の価格は、2020年前半にコロナの影響により低下し、同年後半から回復した。取引量は20年4月から価格とは逆にロインとヒレが急激に増加。この動きは交雑牛などにはなく、農水省の対策などが影響していると考えられる。
 交雑牛チルド「3」(肉質等級が3の枝肉からつくられた交雑牛部分肉)の価格は、多くの部分肉で20年前半に低下する和牛と同様の動きがみられた。ロインとヒレ価格は低下して推移するが、21年12月にはホテル、外食の需要回復もあり上昇した。
 乳牛チルド「2」(肉質等級が2の枝肉からつくられた乳牛部分肉)の価格は、ヒレ、ロインで以前の水準まで回復していないことなど、和牛と異なる動きがみられた。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top