食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

震災後の福島県産和牛枝肉価格、全国平均価格差マイナス10%推移(上)

 農水省は25日、福島県産農産物等流通実態調査結果を公表した。同調査は、福島県産農産物などの販売不振の実態と要因を明らかにするため、福島復興再生特別措置法に基づき、同県産農産物などの生産・流通・販売段階の実態を調査したもの。重点6品目には牛肉も含まれており、取引量や価格の推移、流通段階ごとの価格形成事例などが発表された。
 これによると、福島県における肉用牛の飼養頭数は、2011〜12年の間にかけて大幅に減少し、その後も減少傾向にあったが、近年は微増となっている。全国でも10〜15年にかけて減少傾向であったが、その後横ばいとなり、近年は微増傾向である。畜種別にみると、11〜12年にかけては交雑種やホルスタイン種、子取り用雌牛頭数が減少。一方で20年以降は、肥育用や育成牛は増加傾向にある。和牛の飼養頭数は、全国平均では10年をピークに減少傾向となったが、17年以降は増加傾向である。福島県では11〜12年にかけて8.8ポイント減少したあとも減少傾向で推移していたが、20年以降は増加傾向にある。肉用牛の総飼養頭数に占める和牛の割合は、震災後、全国平均で横ばいないし微増傾向で推移する中、福島県では09〜12年にかけて17.7ポイント上昇。21年も63.9%と全国平均の50.8%を上回る状況である。
 東京都中央卸売市場への福島県産和牛(去勢)の出荷頭数は、震災後、減少傾向で推移し、17年以降はおおむね横ばいの傾向である。また、出荷頭数に占める上位等級(5等級.4等級)の割合は、15年以降80%前後の高い比率で推移している。一方、福島県産和牛(雌)の出荷頭数は、10〜12年度の間、減少したが、その後増加傾向となり、15年度にピークを迎えた。しかし、直近は減少傾向にあり、20年度は10年度の80.1%の水準となっている。

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top