ナショナルビーフが日本法人設立20年記念し盛大にレセプション

 ナショナルビーフは7日、日本法人設立20年セミナーおよびレセプションを東京・千代田区のホテルニューオータニで開催。会場には約250人の関係者が訪れ、同社の節目を祝った。はじめに日本法人の菊子昇平社長が感謝の言葉を述べ、今回のために来日した役員を紹介。さらにナショナルビーフの特長について「株主である肉牛生産者団体USPBから一貫して高品質な牛肉を購入し続けており、昨年度はCABの出荷量について当社のダッジシティ工場、リベラル工場が全米で1位、2位となった。また、丁寧な作業を行っているのでスペックが安定している。さらに一貫して日本市場を最重視したマーケティングを行ってきた」と説明した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする