食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[上半期の輸入鶏肉動向]買付競争激化でブラジル減、タイ伸長

 ことし上半期(1〜6月)の鶏肉輸入は、累計で25万9,901t(前年同期比6.9%減)と前年を下回って推移している。昨年秋ごろから世界的に鳥インフルエンザが発生する中、発生がみられないブラジルへの各国からの引き合いが強まった。ブラジル現地のオファーはいままで以上に強気。買い付け競争が激化し、数量確保が困難な状況となり、とくに1月は同国からの輸入は半減し、全体でも44.5%の大幅減となった。ブラジルは2月以降1割前後の前年割れで推移し、6月には昨年11月以来7カ月ぶりに前年を上回ったが、上期累計で19万3,318t(13.0%減)と1割強の減少となっている。また、3月下旬にブラジルの食肉不正問題が判明。同国産の輸入時検査が強化され、輸入環境は厳しさを増した。そうした中、ブラジルからのシフトもありタイ産への需要が高まった。同国は累計で5万6,503t(26.2%増)と伸長。とくに4月以降は3〜5割の伸び率で、6月には1万tを超えた。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top