[上半期の輸入鶏肉動向]買付競争激化でブラジル減、タイ伸長

 ことし上半期(1〜6月)の鶏肉輸入は、累計で25万9,901t(前年同期比6.9%減)と前年を下回って推移している。昨年秋ごろから世界的に鳥インフルエンザが発生する中、発生がみられないブラジルへの各国からの引き合いが強まった。ブラジル現地のオファーはいままで以上に強気。買い付け競争が激化し、数量確保が困難な状況となり、とくに1月は同国からの輸入は半減し、全体でも44.5%の大幅減となった。ブラジルは2月以降1割前後の前年割れで推移し、6月には昨年11月以来7カ月ぶりに前年を上回ったが、上期累計で19万3,318t(13.0%減)と1割強の減少となっている。また、3月下旬にブラジルの食肉不正問題が判明。同国産の輸入時検査が強化され、輸入環境は厳しさを増した。そうした中、ブラジルからのシフトもありタイ産への需要が高まった。同国は累計で5万6,503t(26.2%増)と伸長。とくに4月以降は3〜5割の伸び率で、6月には1万tを超えた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする