繁殖肥育一貫経営拡大へ、農水省が新事業、子牛供給過半目ざす

 農水省は、平成30年度予算概算要求に、新規事業で「繁殖肥育一貫経営等育成支援」を盛り込んだ。肉用牛の繁殖基盤強化に向け、新たに大規模肥育経営が繁殖部門を開始し、肥育経営からの経営内一貫化に取り組むことや、各産地での地域内の分業化・協業化を通じた一貫化を支援するもの。繁殖・肥育一貫の大規模法人経営のほか、放牧やCBS(キャトル・ブリーディング・ステーション)の活用により規模拡大を図る繁殖経営を増やし、これらの経営で子牛供給の過半を目ざす。素牛の安定確保や増頭、さらに出荷頭数拡大、高値が継続する価格への対策につながっていくことが期待される。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする