神戸市場が消費者40人を招き、市場見学と神戸ポーク試食会実施


 神戸の食肉産業を一般消費者が気軽に学べる貴重なイベントが、神戸市中央卸売市場西部市場で行われた。20日、神戸市内に在住する消費者およそ40人と報道関係者を招いて「豚肉の試食会」が開催された。神戸市場ブランドである「神戸ポーク」の試食が主だが、それに加えて市場内や牛・豚枝肉の見学を行うなど、安全・安心な市場運営と食肉流通が行われていることが消費者に披露された。主催は神戸市で、神戸中央畜産荷受(株)、神戸食肉事業協同組合が共催。こういった市場に消費者を招くイベントは今回で4回目。試食しながら、市場のこと、食肉産業のことを広く知ってもらうことが狙いだ。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み