「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」、平田牧場など表彰される


 平成29年度「飼料用米多収日本一」および「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」の表彰式が9日、「飼料用米普及シンポジウム2018」と合同で東京・文京区の東京大学弥生講堂で開催された。既報のとおり「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」では農林水産大臣賞に(株)平田牧場(山形県)「日本の米育ち 平田牧場 金華豚・三元豚」が輝いたほか、政策統括官賞を(有)鈴木養鶏場(大分県)「豊の米卵」、全国農業協同組合中央会長賞を農業生産法人(有)キロサ肉畜生産センター(岩手県)「玄米育ち岩手めんこい黒牛」、公益社団法人中央畜産会会長賞を(株)大里畜産(三重県)「伊勢美稲豚」がそれぞれ受賞し、礒崎陽輔農水副大臣らから表彰状と副賞が贈呈された。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み