プリマハム決算会見(上)、CVS向けの焼き鳥が加工食品をけん引


 プリマハムは14日、平成30年3月期決算会見を東京・品川区の本社で開催。松井鉄也社長、千葉尚登常務取締役加工食品事業本部長、矢野雅彦常務取締役食肉事業本部長、内山高広常務取締役財経部分掌総務・広報部分掌、佐々木久志取締役生産本部長、新村融一取締役総合企画室長、吉野晴夫常務執行役員営業本部長らが出席。松井社長が決算概要を説明し、さらに各本部から概況などが報告された。会見の要旨は次のとおり。
 [松井社長]2018年3月期は、売り上げと当期純利益は前期比で増加しており、過去最高を更新した一方、営業利益と経常利益は大きく減少。一番の要因はプライムデリカにおいて野菜の高騰が大きく影響した。ただ、プリマハム単体では売り上げ、利益とも過去最高を更新した。売上高は3,945億円で前期比8.6%増、約300億円の増収だ。2年ほど前に「2020年度に5千億円を目ざす」と社内向けにいってきたが、3年間毎年このペースで伸びれば5千億円に到達する。商品別売上高の推移ではハム・ソーセージ、加工食品とも順調に伸びている。とくに加工食品では昨年、一昨年とサラダチキンがけん引してきたが、それに加えてCVS向けの焼き鳥が大きく伸張した。また、食肉事業は大きく回復してきている。養豚事業の拡大などもあり、今後はさらに順調に伸びるとみている。

詳細は食肉速報に掲載。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

食肉通信社からのお知らせ
食肉産業展「全国銘柄食肉コンテスト」出品募集中
2018年4月11〜13日開催の「食肉産業展」の注目度NO.1イベントが「銘柄食肉好感度コンテスト」です。来場者が試食して好感度を採点し、今年度の人気NO.1ブランドを決定してきました。出品者にとってはマーケットリサーチとして、バイヤーにとっては新規導入ブランドの発掘の場として有効に活用していただいており、上位入賞銘柄食肉の販路拡大に寄与する効果も発揮しています。

▼詳しくはこちら

 
「銘柄豚肉ハンドブック2018」への掲載を希望する銘柄豚肉募集中

豚肉特集2017 食肉通信社発行の「銘柄肉ハンドブック」シリーズは、銘柄牛・豚肉の人気の高まりを受け、大好評を頂いております。

現在、食肉通信社では「銘柄豚肉ハンドブック2018」の出版に向け、制作を進めております。おおむね1千頭以上の銘柄豚を取り扱う企業・団体様で、掲載を希望される方はぜひとも食肉通信社までお問い合わせ下さい(掲載無料)

お問い合わせはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする