齋藤農相、平成30年7月豪雨「ため池は7カ所決壊」


 齋藤農相は10日の閣議後会見で平成30年7月豪雨について、被害者に哀悼の意を示した上で「ため池については現段階で7カ所決壊しており、このうち、広島県福山市のため池の決壊により、1人が亡くなった」と報告し、農水省の対応について「引き続き、熊本地震を始めとするこれまでの災害対応の経験を踏まえ、今後必要となる対応を先手、先手で準備し、人命に直結するため池、山地災害などによる被害の拡大防止、避難されている方々に不自由がないよう、食料を速やかに供給するため、食料関係団体と連携して準備、関係自治体と連携した被害状況の迅速な把握を行っていく」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み