齋藤農相、豚コレラで猪2例目「追加対応方針を決定」


 齋藤農相は18日の閣議後会見で岐阜県の豚コレラについて、周辺の野生の猪でも2例確認されたことを受けて、同日、農水省豚コレラ防疫対策本部を開催して追加対応方針を決定したことを報告し「生産者には引き続き消毒の徹底や野生動物の農場への侵入防止などの飼養衛生管理基準の順守と、豚コレラに特徴的な症状を示すなど飼養する家畜の異常に気づいた場合の早期届け出の徹底をお願いしたい」と語った。具体的な追加対応方針は次のとおり(食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み