食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

ブラジルの18年鶏肉・豚肉の輸出量、当初予測から減少を見込む


 ブラジル動物性タンパク質協会(ABPA)はこのほど、2018年の鶏肉と豚肉の生産・輸出見通しを発表した。これによると、17年12月に発表した当初予測から、輸出量はともに減少した。
 鶏肉については、18年当初は2〜4%の生産量の増加を見込んでいたが、ふ化羽数が前年比3〜5%減と見込まれることから、生産量も1〜2%減の1300万tの予測となった。輸出量は、5月に発生したストライキと、同月以降一部食鳥処理工場からのEU向け輸出が禁止されたことなどから、2〜3%減の約420万tと見込まれている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

牛モツ入り鍋スープなど、エスフーズが秋冬新商品発表

 エスフーズはこのほど2021年秋冬の新製品・リニューアル商品を発表した。いずれも8月下旬から発売開始している。 新商品は「旨美鍋」(うまみなべ)シリーズ。同社の定番商品である「こてっちゃん牛もつ鍋」同様、具入りの鍋スープだが、このシリーズ...
More
Return Top