1月の食肉加工品生産量わずかに前年下回る—ベーコン類は好調


 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成31年1月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は3万8,293t(前年同月比0.5%減)と、わずかながら前年を下回った。昨年6月以降、10月を除いて減少が続いている。1月の生産量が最も大きくダウンしたのはソーセージ類で、生産量の大宗を占めるウインナーが1万7,571t(2.2%減)と落ち込み、ソーセージ類全体の生産量も2万2,735t(1.6%減)と振るわなかった。最も伸びたのはベーコン類の6,974t(5.2%増)で、4カ月連続増加した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み