東京都食肉2組合総代会、宮本理事長「今年度はゼロからのスタート」

 東京都食肉生活衛生同業組合・同事業協同組合(宮本重樹理事長)は15日、大東京信用組合本店会議室(東京都港区)で令和元年度通常総代会を開催。総代会では両組合の平成30年度事業報告と令和元年度事業計画などが報告され、全議案が承認された。今年度も基幹事業である輸入牛肉、国産牛肉、輸入豚肉、国産豚肉、食鳥および加工品などの共同購入供給および斡旋を実施する。また、関連商品などの共同購入供給、調理材料を共同購入し一部助成するほか、夏期豚価対策を行う。さらに食肉の消費拡大を図るため、特販事業を実施。「ステーキの日」「焼肉の日」「とんかつの日」「すき焼きの日」を定め、特売を行う。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み