食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

家畜衛生部会で飼養衛生管理基準の見直しについて議論

 農水省は3日、省内で「食料・農業・農村政策審議会第37回家畜衛生部会」を開催し、飼養衛生管理基準の見直しについて議論した。出席した委員からは農場の末端の従業員まで飼養衛生管理基準を順守させる方法などを考えるべきなどと意見が出された。今後は牛豚等疾病小委員会で基準等の改正の方針について議論し、その議論の結果を家畜衛生部会に報告し、家畜衛生部会から基準の改正の方針について答申を得た後、所要の手続を経て、速やかに飼養衛生管理基準を改正する。
 事務局から提示された豚コレラ・アフリカ豚コレラ対策の強化を念頭に置いて飼養衛生管理基準等の改正の方針では(1)衛生管理区域及び畜舎に出入りする人・物品・車両などによる病原体の侵入防止措置(更衣前後の交差汚染防止等)(2)肉を扱う事業所等から排出される食品残さの飼料利用における適正な処理及び管理(3)防護柵の設置等による農場への野生動物の侵入防止措置、防鳥ネット等の設置による畜舎又は堆肥舎などへの野生動物(野鳥、小動物等)の侵入防止措置(4)他の農場等における伝染性疾病の発生時における、畜舎外における家畜の移動方法の制限(5)飼養衛生管理に関するマニュアル作成並びに従業員及び関係者への周知徹底—をあげている。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top