対米牛肉輸出、関税割当枠の超過懸念、回避へ年内は輸出抑制も

 米国向け牛肉輸出の8月までの累計が146t(前年同期比30.1%増)と増加し、4.4セント/kg(税率1〜2%に相当)の低税率で輸出できる関税割当枠200tに迫ってきている。枠を超えれば枠外税率26.4%が適用されるため、今後、年内は輸出を抑制する動きも出てくるとみられる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み