食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

広島県畜産共進会冬季「枝肉の部」で(有)野山牧場が最優秀賞

 全国農業協同組合連合会広島県本部(JA全農ひろしま)は3日、広島市西区の広島市中央卸売市場で第95回広島県畜産共進会冬季「枝肉の部」(協賛=広島県、広島市、広島食肉市場(株)、公益社団法人日本食肉市場卸売協会、公益社団法人日本食肉格付協会、広島牛特産化促進対策協議会)を開催した。共進会には広島牛30頭(雌14頭、去勢16頭)が出品され、厳正な審査の結果、優秀賞5点、優良賞9点を選出。格付はA5が16頭、A4が13頭、A3が1頭だった。最優秀賞には野山牧場出品の「野山9357」号(去勢、格付A5、枝肉重量625.0kg、BMS N0.12、ロースしん面積113平方cm、バラ厚10.5cm)を選出。せりでは(株)マスカンがキロ単価4,160円(税込み)で落札した。
 野山牧場は東広島市で繁殖用雌牛100頭、肥育牛100頭を飼養。すべて自家産の子牛を育てており、山本利隆会長は「空気のきれいな場所で愛情をかけストレスなく育てている。短期間の肥育で出荷できるのは一貫経営の強み。受賞はもちろんうれしいが、皆さんのおかげ。広島牛や元就の発展に貢献したい」と述べた。

◆行政・統計

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

 農水省は12日、東京都内で「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(令和元年度第9回)」を開き、令和2年度畜産物価格案を諮問し、肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格をすべて据え置きとする諮問案を出席した委員の賛成多数で了承した。答申を受け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イ...
More

◆製品

More
Return Top