食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

第8回お肉検定の合格者発表、ことしも多くの人が受検

 全国食肉検定委員会(事務局=公益(社)全国食肉学校)は2日、第8回お肉検定の合格者(受検番号)を発表した。それによると、11月10日に全国6会場で行われた同検定の受検者数は、「お肉博士1級」が1,597人(前年1,818人)、「お肉博士2級」が392人(663人)となり、大幅に伸びた昨年には及ばないものの今回も業界および一般から多くの人が受検した。このうち1級は合格者が747人で、合格率46.8%、平均点76.9点。2級は合格者が285人で、合格率72.7%、平均点83.3点となった。なお、合格者の受検番号はお肉決定ホームページに掲載している。

◆行政・統計

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

鳥フルと豚熱、全県的な防疫体制構築を—家畜衛生主任者会議

 農水省は22日、省内で家畜衛生主任者会議を開催し、令和3年度家畜衛生対策などについて協議した。同会議には各農政局、各都道府県、動物検疫所、動物医薬品検査所、農研機構動物衛生研究部門、FAMIC、省内関係部局担当者らなど関係者が参加した。 ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

神戸ビーフ応援CP実施、3千人にコロッケがあたる

 神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は22日、「神戸ビーフ・但馬牛応援キャンペーン」を4月26日から5月31日の期間、開催すると発表した。期間中、指定登録店で税込3千円以上「神戸ビーフ」「但馬牛」を購入・喫食すると、抽選で3千人に、6個入り...
More

◆製品

More
Return Top